メーカー系の販売店で中古車を選ぶのは高い?

メーカー系中古車販売店で自動車購入を考える人へメーカー系ならではのメリットをお教えしましょう。
まず、メーカー系の販売店では、グループ販売会社である新車販売会店が、自社の下取り車を中心に中古車を販売しているケースが多く、新車で販売した顧客とメンテナンス情報の多くを保管しています。

このことで、詳細な修理履歴や使用度が確認できます。

一般の中古車販売業では、オークションからの調達が多く、オークション会場に常駐している検査員の目で修復歴や改ざんなどは100%見抜けるのですが、以前のオーナー情報や整備記録を完全に把握しているものではありません。



メーカー系では、不法改造車の買取りは受けず、企業規模により優れたシステムで整備が行われるので、中古車につきものであるトラブルに俊敏に対応してくれます。

よく、メーカー系販売店は値段が高いと言われるのですが、中古車に付加する利益は大きく、個人の業者であるから利益を小さく設定するということはありません。

個人の業者は高級車や特徴のある車を上手く販売するテクニックがあり、そちらの方が利益が高い傾向が見られます。

ある程度利益幅を取らなくては経営が成り立たないため、車1台に30万円は利益を乗せます。



5万円、10万円ポッキリという車がありますが、大抵車検が切れており、整備費用や手数料などが付けば、数十万円になるでしょう。
このことからディーラーが高いという概念は、間違いで、保証内容の高さがそれを担保するものであると考えると良いでしょう。