敏感肌の人が使うクリームはどんなものがおすすめか

subpage1

肌のバリア機能が著しく低下している敏感肌は、そのままで放置しておくと炎症などが出てきてしまう恐れがあります。更に少しの刺激でも強いダメージを受けやすい状態であるため、肌のコンディションが悪化する一方になってしまうことも考えられます。


敏感肌になる原因は、肌の酷い乾燥、ストレス、睡眠不足などが挙げられますから、まずはそれらを解消していくことが必要です。
そしてその上で、肌に合わせたスキンケアを行うことが求められます。敏感肌の場合、スキンケアにおいてクリームを使うことはおすすめされることです。

クリームは、化粧水などで与えた潤いを包み込み、維持する役割があるため、敏感肌の原因である酷い乾燥にも高い効果が期待できるためです。


更にクリームの油分が肌を守る役割を果たすことも、おすすめされる理由のひとつです。


敏感肌の人の場合、まずクリームはやわらかめのテクスチャーであることがおすすめです。これはかためのテクスチャーであった場合、どうしても肌に塗りにくく、塗る際に刺激になってしまう可能性もあるからです。
特に肌馴染みが良く、肌への高い浸透が期待できるゲルタイプのものがおすすめです。

敏感肌のクリームのおすすめは人気のテーマです。

ゲルタイプであれば、油分が多くてもベタツキを感じにくいと言うのも魅力です。そして成分としては、できるだけ肌への刺激になりにくい、それでいて肌への作用が期待できる成分が推奨されます。


たとえばヒト型セラミドやレシチンが挙げられます。


セラミドは角質層にも存在している成分で、脂質と水分を抱え込む役割を果たしています。

goo ニュースの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

そのため化粧品に含まれていることも多い成分ですが、その中でもヒト型セラミドは、とても低刺激で、かつ浸透率に優れているのが特徴です。

レシチンも体の中に存在している成分で、これには皮膚保護作用があるとされています。ですからクリームなどで利用すると、肌のバリア機能を高めることに影響が期待できます。